Menu
バレエのこと / 日々のこと

携帯でオーロラ撮影してみた+仕事の愚痴聞いて(笑)

最近、ブログの投稿がなかなかな出来ません。というのも、今めーーーーーーーーーーーーーーっちゃ忙しいのです。

なぜなら

5月末に4日間舞台があるからです。

仕事の愚痴を言う前に(笑)先日ベッドルームから寝る前に、何げなく外を見た時に出ていたオーロラの話をしたいと思います。

最近ようやく春になったなーと感じます。暖かくなってきて雪が解け始めています。日照時間も長くなり夜10時近くまでまだ明るいです。

ちょっと夜更かしをして午前1時ごろ窓に目をやるとオーロラが!!

今年は悪天候続きで、あまり見られなかったので暫く観賞。

かなり良いオーロラで動きもあったので、携帯で撮影してみました。

写真で分かるように、寝室から窓越しに撮っているので窓枠が写ってます。あと窓の汚れ(笑)

テクノロジーの進化ってすごいですね!!携帯を初めて使いだした頃に、着信音が単音しかない私の横で、複音の携帯を使っている友人がうらやましかったのを覚えています(笑)←歳がバレる。

そんなだったのに、今や携帯でISOやらシャッタースピードやら、下手なカメラよりも細かい設定が出来ちゃうんです!!!

撮影時間は本当に短かったのですが、こうしてみると変化が凄くわかります。

そして最後に撮った下の写真の後は、オーロラの動きが速すぎたのと、空全体に広がってしまったのであまり濃いシルエットがとれなくなってしまいました。

というわけでこれが最後の一枚

ちなみに携帯の設定ですが、ISO2300、シャッタースピード2秒(と1秒のものも混ざっています)で撮りました。

そんな癒しのひと時の後に、、、、、、、、、

(笑)

最近の私。

今年は衣装の部署に就任後2年目にあたるのですが、昨年は1番大きな舞台が中止になってしまった為、実質初めての大きな舞台となります(小規模な舞台はいくつかありました)。

生徒は200名近くいる(もっといると思うけど+音楽、アート部門を入れると、もはやもう何人くらい居るのか不明(笑))のですが、その衣装全部を揃えなければいけません。そして各生徒1着ではないので相当の数です。

例えば、Pre-professionalに所属するダンサー達は約50人ほどですが、彼らは最低でも5着、多い人は8着の衣装が必要になります。

50x5=250

50x8=450

😱

そのほかの150人(多分それ以上(笑))も、平均2着くらいです。

150x2=300

😱

それと頭飾りやら小物などを含めると大変な量です。

改めて計算したら恐ろしくなってきた(笑)

そしてその衣装の準備から直しまで全てを私と手伝ってくれている同僚の2人でやらなくてはいけないので

これ本当に終わるのか!!!????

という感じです(-_-;)

*ちなみに昨日の衣装合わせ(たった2クラス)で、ズボンのウエストと裾上げの数15着 😱

新しい衣装も同時に作成しているのでホントてんてこ舞いです。

それで、何を愚痴りたいかというと(笑)

衣装合わせがカオス(笑)

特に男の子たち

もうここで暮らして10年になるし、ここで働き始めて8年にもなるので、今更?って思われるかもしれないし、自分でも思うんですけど。。。。。。

日本と違いすぎて、私の我慢のキャパを大幅に超えている!!!

長いこと日本でもバレエスタジオで働いていたので、1度に大勢の衣装合わせをする機会は多々ありましたが、何ともスムーズでした。

日本では

背の順に並んでもらって、衣装を着てもらう。

その場で動かず待機。チェックしてもらうのを待つ。

チェックが終わったら、自分のネームシールを自分で貼って衣装箱にきれいに収納して終了。

。。。。。とまあ、いたってシンプルで、私たち教師も特に叫んだり指示を出したりする必要がありません。

カナダでは(というかユーコンでは!?(笑))

背の順に並んでもらって、衣装を着てもらう。(ここまでは同じだが、背の順に並ばせるだけでもなんでこんなに時間がかかるの怒!!というくらい遅い&うるさい)

衣装を着てもらう (ここは同じだが。。。。。。)

その場で動かず待機。。。。。。。。。。。。してもらいたいのに、すでにいろんなところにいろんな人がいて、衣装が床に落ちていたりサイズが合わないからと指示を待たずに勝手に衣装箱から取り出して、試着しては着終わったものをその辺にポイッ!!怒

チェックが終わったら、自分のネームシールを自分で貼って衣装箱にきれいに収納して終了。。。。。。。。。。したいところだけれど、チェックしようにも走り回る動物を捕まえるような感じ(笑) チェックしたのが誰だかもうわからん!!! 何度も何度もハンガーに全部かけて帰るように指示してやっと終了。

(このセクションは日本では経験なし!!)

終了後(彼らが去ったあと)誰かの衣装が1つか2つは必ず落ちている。 ちゃんと掛けてないの誰!‼‼

ま、ちょっとフォローを入れるとすると、実は男の子たちのPre-professionalプログラムは2年前に始まったばかりでまだまだ新しいのです。

既にシステム化されていて、経験豊富な女の子達は割ときちんとしてます。

が、

試着時はやっぱり、比べてしまうとプチカオスですかね(笑)

とまあ、こちらはこちらで良い所ももちろん沢山あるのですが、物事がうまくいかない時にはうまくいっていた時の事と比較して、ついイライラしてしまいます。

ちなみに決して日本人が優れていると言っているわけでもありません。教育のシステムや育った環境なのだと思います。周りに感化されずに自分の思う行動をとる、というこちらの風潮がプラスに作用している事が多々あるのも事実です。(今度はというかたまには(笑)良い所も紹介しますね(笑))

ただ、「協調性があると助かる衣装合わせのような場面では、カオスでしたよー!‼‼」という私の愚痴でした(笑)

長い文章にお付き合いくださり、ありがとうございます。m(__)m

そんなこんなですが、舞台まであと少し。夏休みを楽しみに、そしてこの仕事をさせて頂けることに感謝し、出来る事を確実にこなしていきたいと思います♪

下記のバナーをクリックして応援してくれると嬉しいです。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ